南青山HAABビューティークリニック/渋谷・南青山 -レディースクリニック- 美容皮膚科-

MENUCLOSE
予約相談
WEB相談
SCROLL
コラム
シミ取りレーザーは痛い?ダウンタイムの期間と症状

コラム

21.08.30Mon

シミ取りレーザーは痛い?ダウンタイムの期間と症状

シミ取りでは顔という敏感な部分にレーザーを当てるため、痛みが不安な人もいますよね。

レーザーの種類や人の感じ方によって程度は異なりますが、機器もどんどん進化していますので安心ください。

また、ほくろやいぼなど皮膚ごと切除するようなレーザー治療であれば別ですが、シミ取りであれば適切な照射威力で激しい痛みを感じることはありません。

この記事では、具体的にどのくらい痛いのか、痛みを少なくするにはどのような病院を受ければいいのか、シミ取り後のダウンタイムなどについて紹介します。

シミ取りレーザーの痛みはどのくらい?

シミ取りレーザーの痛みについて「パチンと輪ゴムなどで軽くはじくくらい」と表現することが多くあり、感覚としては光脱毛と少し似ているかもしれません。

また、照射時間がより短くなったピコレーザーの場合、より瞬間的になりますので、多少チクチクする程度で終わってしまいます。

人によっては熱を感じることもありますが、瞬間的な照射ですので焼かれているほど熱くなることはありません。

あまりにも痛みが強かったり熱さを感じたりする場合、威力が強すぎている可能性があります。

照射威力が強いと肌の色素脱失や色素沈着などのトラブルにつながりますので、すぐに照射をやめてもらい、痛みを感じた部分をよく確認してもらいましょう。

施術前に実際にどの程度の痛みを感じるのか、痛みが強い場合どのような処置をしてもらえるのか、途中で止めてもらうことはできるのかなどについても、照射前に確認をとっておくことがポイントです。

レーザー照射後に血が出るケースとは

レーザー照射後に血が出てしまったという話を聞いた人もいるかもしれません。

これは半分本当で半分誤解になります。

レーザー治療後に血が出てしまうのは照射によるものではなく、治療後にかさぶたが表面に押し出されるためです。

また、すべてのレーザー治療やすべての人にこのような症状が起こるわけではありません。

かさぶたができるような治療やQスイッチレーザーなどナノ秒で照射するようなレーザーの場合に起こる可能性があります。

ピコレーザーのようにピコ秒で治療するレーザーやかさぶたができない程度の照射威力で行われた治療であれば、出血の心配はありません。

痛みの少ないレーザー治療ができる病院の選び方

シミ取りのレーザーには、ほとんど痛みはありませんが、より痛みの少ない病院で治療してほしいですよね。

ここでは、痛みをより少なく治療できる病院の選び方について紹介します。

ピコレーザーで治療できる

痛みを少なくした上でしっかりとシミをとりたい方は、ピコレーザーを扱う病院での治療をおすすめします。

Qスイッチレーザーなどもよく聞くと思いますが、ピコレーザーとの大きな違いは照射時間です。

Qスイッチレーザーではナノ秒(1億分の1)で照射しますが、ピコレーザーの場合、さらに短いピコ秒(1兆分1)での照射ができます。

より瞬間的にすることで痛みを軽減し、治療時間を大幅に短縮することが可能です。

また、今まで以上に短い時間で照射できるので、肌のダメージを抑えられます。

痛みだけでなく、保護シールが不要になったり、炎症後色素沈着の発症リスクを他のレーザーに比べ下げられられるのです。

実績のある医師が在籍している

一言でシミと言っても複数の種類があり、シミの種類や濃さに適切な照射力で治療していかなければいけません。

そのため、レーザー治療はどんなによい機器があっても医師の技術がないと、最大限の効果を発揮されないでしょう。

また、照射威力の調整が適切におこなわれず、強い痛みを伴ってしまう可能性があります。

実績のある医師を選ぶ際は、在籍する医者の経歴(どこの病院に何年勤務していたか、何を担当してきたか、など)、最近の症例を参考にしましょう。

表面麻酔など痛みを緩和する方法が豊富である

痛みはほとんどありませんが、選択肢として痛みを緩和する方法が豊富な病院をおすすめします。

選択肢が複数あることで、納得のいく治療を受けることができるでしょう。

シミ取りレーザーのダウンタイムの期間と症状

ダウンタイムとは、治療後から治るまでの回復期間を指します。

ここでは回復までの期間と症状について紹介します。

シミ取りレーザーのダウンタイムの期間

シミ取りのダウンタイムは通常であれば、遅くても2週間以内にかさぶたがはがれ新しい皮膚が表皮に出ています。

かさぶたができないケースでも、施術から2週間程度でほとんどのシミが薄くなっていくでしょう。

ただし、レーザーを照射した部分に炎症が起きてしまった場合、炎症後色素沈着として薄茶色の皮膚ができてしまうこともあります。

炎症後色素沈着は自然治癒しますが、3~6ヶ月かかり、深刻な場合では1年かかってしまうケースもあるため、色素沈着ができるかどうかでシミがきれいに消えるまでの時間が大きく変わっていくでしょう。

ただし、かさぶたがはがれてからはかゆみや痛みなどもありませんので、不具合が出やすい期間としては長くて2週間です。

シミ取りレーザーのダウンタイムで出る可能性のある症状

ダウンタウン基本的に、外出できないほどのひどい症状が起こることはありません。

ここでは、あくまで発症する可能性のある症状について紹介します。

シミ部分のかさぶたになる

レーザー照射により肌が軽度やけどすることでできるものです。

これは、レーザーやシミの種類によってできたり、できなかったりします。

また、かさぶたといっても普通に傷にできるような赤黒いものではなく、ほとんどが薄茶色の膜のようなものです。なので、人によっては照射後にシミが濃くなったと勘違いしてしまうこともあります。

かさぶたができたら、無理にはがさず自然にはがれるのを待ちましょう。無理にはがしてしまうと炎症を起こし、色素沈着してしまったり、傷跡が残ってしまったりする可能性があります。

ひりひりとした痛みを感じる

人によっては、照射後にシミの部分がひりひり痛むこともあります。

これは、日焼けした部分がひりひりするように、シミの部分が軽度やけどしたことによるものです。

これは失敗ではありませんし、1日2日で収まりますので心配はいりません。

医師に伝えれば、鎮静作用のあるパックなどを処方してくれると思いますので、相談してみてください。

肌に赤みがでる

照射により一時的に肌が赤く腫れているようになることもありますが、これも一時的なやけどによるもので、時間経過とともに収まります。

赤みをできるだけ早く引かせたい場合は、医師に相談し鎮静作用のあるパックをするか、アイシングなどで十分に冷却しダメージを排出することをおすすめします。

なお、赤みのある部分に水ぶくれやミミズ腫れにような症状が出てしまった場合、これは治療が必要なやけどになるので早めに医師へ相談しましょう。

ニキビができる

レーザー照射を行うと肌が乾燥するため、油分を出そうとすることがあります。

しかし、バランスが崩れた肌に過剰な油分が出てるのはニキビのもとです。

治療後にしっかり保湿ケアをすることで回避できますので、アフターケアをしっかり行いましょう。

まとめ|痛みを少なくシミ取りするなら南青山HAABビューティークリニックがおすすめ

シミには複数の種類があり種類にあった最適な方法で行う必要があります。南青山HAABビューティークリニックでは、今までの経験と実績をもとに、医師のカウンセリングを徹底的に行い、最適なシミ治療の提案が可能です。

また、フォトナ社の「ピコレーザー」を使用した上で、痛みを緩和する方法を豊富に用意しておりますので、痛みが不安な人も安心して治療を受けられます。

このような悩みを抱えている人に特におすすめです。

  • 頬に目立つシミがある

  • シミはあるけど種類がわからない

  • にきび跡が治らない

  • 年齢を重ねるたびにシミが増えている気がする

待ち時間をできる限り少なくするため、完全予約制で対応しています。電話・メールでご予約ください。

この記事を書いた人

HAAB南青山編集部
南青山HAABビューティークリニックが解説する、美容に関するお役立ちコンテンツ。

Recommended Entry