コラム
冷え性の原因と対策について〜痩身・小顔施術ならHAABビューティー南青山クリニック〜

コラム

18.01.19Fri

冷え性の原因と対策について〜痩身・小顔施術ならHAABビューティー南青山クリニック〜


今日は「冷え性」についてお話していこうと思います。女性の方は特に冷え性でお悩みの方も多いと思います。

女性=冷え性ってイメージありませんか?

なぜ、女性には冷え性の方が多いのでしょうか?

そもそも女性の体は「冷えやすい構造」になっているのです。

・女性ホルモンと関係がある

冷え性の大きな原因の一つ、自律神経の乱れ機能低下は、女性ホルモンのバランスの乱れが理由の一つです。

特に女性ホルモンが乱れる時期は、妊娠時と更年期時です。

この時期が原因で冷え性になる事がよくあります。また身体に無理なダイエットは、月経不順を招くと共に、冷え症を併発する危険性があります。

・月経がある

女性には月に一度、生理がありますよね。

生理になると、血液の量が一時的に減ることになり、赤血球で運ばれる酸素の量が減少すると言われています。

そうなると、食べ物が分解されにくくなり、体のエネルギー源が不足し、冷えやすくなります。

また、卵巣や子宮という女性特有の内臓は、特に血液が滞りやすいと言われています。

そのため、女性は体全体に熱が運ばれにくく、冷えやすくなっていると言われています。

・ダイエット

女性の方でダイエットしたことのある方はとても多くいますよね。その中には痩せなきゃ!と極端に食べないで痩せようとする人もいまよね。

食事の量を減らすだけではなく、お肉や魚を食べず、野菜ばかりの偏った食事を続けてしまう人もいますね。

偏った食生活を続けてしまうと、栄養不足になるためにエネルギーが作られなくなります。それにより、熱が生まれにくくなり、冷えてしまいます。また食べないことで貧血になると、血のめぐりが悪くなるので冷え性になります。

・服装

冬場でもミニスカートや薄着でいたり、下着などで体を締め付けるものを着てしまっていると、血液の循環が悪くなり、冷え性になりやすくなってしまいます。

・男性に比べ筋肉が少なく、脂肪が多い

筋肉の果たす役割の中には、体の熱を作り出すという大切な役割があるのです。筋肉が動くことによって、体は温められているのです。

筋肉が生み出す熱によって、温められた血液が全身をめぐり、体温を保っています。しかし、女性は男性に比べてもともと筋肉量が少なく、また筋肉がつきにくい体の構造になっています。

という事は、女性は男性よりも冷えやすいという訳ですね。

また、男性にくらべて女性は、体に脂肪が多くあります。

妊娠、出産のための保護の役目を果たすように、体ができているからです。

恐ろしいことに、この脂肪は一度冷えてしまうと元の温かさに戻りにくい性質があります。この脂肪が、冷え性の原因にもなってしまうこともあります。

と、このように冷え症になってしまう原因はさまざまです。

冷え性になると痩せにくくなってしまうので、冷え対策はしっかりとしていきましょうね!




ダイエット・痩身のご相談は、HAABビューティー南青山クリニックへ
http://clinic.haab.co.jp/
東京都港区南青山2-22-19 三和青山ビル11F
東京メトロ銀座線”外苑前駅” 徒歩3分
TEL 03-6447-4120

診療時間
月 15:00~19:00(外来受付)
金 11:00~21:00(最終受付20:00)
土 11:00~20:00(最終受付19:00)
日 11:00~20:00(最終受付19:00)

 

Recommended Entry