コラム
食べ過ぎてしまった次の日、どうやってリセットする?〜痩身・小顔施術ならHAABビューティー南青山クリニック〜

コラム

17.09.11Mon

食べ過ぎてしまった次の日、どうやってリセットする?〜痩身・小顔施術ならHAABビューティー南青山クリニック〜

もう9月ですね!
みなさん、夏休みは楽しめましたか??

夏休みにいろいろなところに行って、
ついつい食べ過ぎてしまった・・・なんて方いませんか?

食べ過ぎた次の日は、ものを食べずにリセット!
なんてお考えの方多いと思います。

では、そのリセットの方法、
みなさんちゃんと知っていますか?

まず、何も食べない!などということはしないでくださいね。
食べ過ぎてしまった時の次の日、どのようなものを取り入れてリセットするべきなのか、
しっかりと覚えてください。

「食べ過ぎた!だから太った!」と、
食べ過ぎてしまった次の日に思う方も多いと思いますが、
人間の体は食べたものがすぐに脂肪になり、体についてしまうわけではありません。
脂肪になり、体につくにはある程度の時間が必要なのです。

ということは・・・?
まだ間に合います!

食べ過ぎてしまった!という日は、翌日の食事バランスが大変重要になってきます。
また、同じだけカロリーの調整も必要なので、
普段摂取している食事より少し低めに摂取するようにしましょう。

食べ過ぎによって体重が増えてしまっている場合、増加している分はほぼ「水分」です。
糖分と塩分の過剰摂取をしてしまっているので、代謝を上げなくてはいけません。

体を冷やさないようにお水を白湯に替えたり、
ストレッチなどをすることも効果的だといわれています。

また、ビタミンを意識して摂取するようにしましょう。
・糖質の代謝をアップさせるのは…ビタミンB1
・脂質の代謝をアップさせるのは…ビタミンB2
・たんぱく質の代謝をアップさせるのは…ビタミンB6

どのような食材にこれらが含まれいるかというと、
次のような食材に多く含まれています。

・ビタミンB1
豚肉、たらこ、うなぎ、豆類
・ビタミンB2
豚や牛や鶏のレバー、卵、うなぎの蒲焼、カレイ、牛乳、納豆
・ビタミンB6
にんにく、マグロ、イワシ、カツオ、鮭、アジ、さんま

また摂取カロリーの量を少なめにすることもポイントです。
人の身体は食べたものが脂肪へと変わるまでに約48時間かかると言われており、
その48時間の間は肝臓に蓄えられた糖質や脂肪は、そのまま肝臓で留まっています。

この48時間の中で、どれだけ蓄積されたものを燃焼させるかが大事です。
有酸素運動などもいいですね!

HAABではEMS(筋肉運動)などもありますので、
それらをインナーマッスルの強化+燃焼というコースもオススメです。

食物繊維が多く含まれた野菜などを摂るように心がけ、
十分な水分を摂り、しっかりを排出していきましょう。

 


ダイエット・痩身のご相談は、HAABビューティー南青山クリニックへ
http://clinic.haab.co.jp/
東京都港区南青山2-22-19 三和青山ビル11F
東京メトロ銀座線”外苑前駅” 徒歩3分
TEL 03-6447-4120

診療時間
月 15:00~19:00(外来受付)
金 11:00~21:00(最終受付20:00)
土 11:00~20:00(最終受付19:00)
日 11:00~20:00(最終受付19:00)

Recommended Entry