南青山HAABビューティークリニック/渋谷・南青山 -レディースクリニック- 美容皮膚科-

MENUCLOSE
予約相談
WEB相談
SCROLL
お知らせ
花弁状色素班とは

お知らせ

21.08.30Mon

花弁状色素班とは

花弁状色素班とは、紫外線の影響で発生するシミの一種です。花弁状や金平糖型に直径数mm~1cm程の様々な大きさで、茶色いシミが肌に多発する特徴があります。肩から背中にできるケースが多いのですが、腕や胸にできてしまうこともあります。そばかすのようにたくさんのシミができてしまいやすいので、季節によっては腕などの露出する部分では目立ちやすくなります。

花弁状色素班の特徴は、日焼けの後にできることです。強い紫外線を受けてサンバーン(肌が赤くなる日焼け)が起きた後、2~3ヶ月程経つとシミが発生します。サンバーンは皮膚がやけどをした状態に近く、すぐに肌が黒くなることはありません。

しかし、紫外線により表皮は刺激を受けているので、細胞を守ろうとメラノサイトに紫外線を吸収する作用があるメラニン色素を大量に生成しています。過剰に生成されたメラニン色素が肌に蓄積されることで、後からシミとなって表れるのです。

花弁状色素班は海水浴などの長時間日差しの下で活動する場合に起きやすく、女性だけではなく男性にもしばし見られます。特に肌の色が白く、日差しに当たると赤くなりやすい人は要注意です。強い日差しを長時間浴びる時は日焼け止めを使って紫外線対策をすることが、花弁状色素班の予防にもつながります。

また、花弁状色素班も顔にできるシミと変わらないため、治療により改善可能です。主な治療方法はフラッシュレーザーとなります。治療で使用されるレーザー機の光線には、1つの色素に反応する性質を持ちます。そのため、正常な皮膚を傷付けることはなく、メラニン色素をピンポイントに破壊し、シミの原因を取り除くことが可能です。

レーザーの照射を繰り返すことで、花弁状色素班も徐々に薄くなっていきます。

この記事を書いた人

HAAB南青山編集部
南青山HAABビューティークリニックが解説する、美容に関するお役立ちコンテンツ。

Recommended Entry