コラム
花粉症の肌対策〜痩身・小顔施術ならHAABビューティー南青山クリニック〜

コラム

17.03.23Thu

花粉症の肌対策〜痩身・小顔施術ならHAABビューティー南青山クリニック〜

暖かくなってきましたね~♪

花粉も飛んでいて、花粉症の方は辛いですよね・・・。
電車や街中でマスクをして、くしゃみをしている方も多く見かけますね。

今日は花粉症とお肌について話していこうと思います。

まずどうして花粉症が起きてしまうのか?
人間の体には、体内に侵入しようとした外敵を取り除こうとするはたらきが備わっています。
例えば、鼻水で洗い流そうとしたり、くしゃみで外に吹き飛ばそうとしたり。
ただ、人によっては、ある特定の異物に入ってこられると、
この働きがいき過ぎて過剰な反応(アレルギー反応)を起こします。
花粉症は、体に侵入した花粉を、敵と認めて反応してしまう過敏な体質の人に起こるのです。

花粉症の症状は主に、
・くしゃみ
・鼻水
・鼻づまり
・目のかゆみ
・かぶれ
・肌荒れ
などがありますが、人によってはお腹を下してしまったり、
アトピー性皮膚炎の方は症状が悪化してしまうなど様々です。

風邪と違い、期間が長い分辛いですよね・・・。

そんな花粉症の症状の中でも気になるのが肌荒れ!!
花粉による肌荒れでお悩みの方もきっと少なくないはず。

花粉症は、目や鼻の粘膜についた花粉を身体が外に押し出そうとして起こる
アレルギー反応です。

アレルギー反応が起こってしまうのは、体の中だけではありません。
実は、お肌の上でも起こっているのです。

花粉がお肌につくと、その部分にアレルギー反応が起こり、カサカサしたり、
かゆみが出たり、赤くなったりと肌荒れが起こります。

目や鼻がムズムズとかゆい・・・そんなときに思わずこすってしまいますよね?
こすってしまうことにより、摩擦による刺激でお肌は弱ってしまっています。

お肌へのダメージで、お肌のバリア機能が普段より低下してしまっているのです・・・!

バリア機能が低下してしまうということは、水分を保持する機能が低下してしまいます・・・。
すると、もちろんお肌は乾燥してしまいますよね。

乾燥状態となったお肌は、表面の角質層がささくれだって花粉が挟まり、
ずっとお肌についた状態になります。

そこから、花粉が侵入し、アレルギー反応を引き起こします。
つまり、花粉症→乾燥肌→花粉症の無限ループの完成です。

花粉症で乾燥してしまった肌の対策としては、
やはり保湿です。

乾燥がひどくなってしまうと、乾燥が引き起こす肌トラブルの種を作ってしまいますので、
十分なケアが必要になります。

乾燥が引き起こす肌トラブルにつきましては、
前のコラムに記載しておりますので、そちらをご覧ください。
http://clinic.haab.co.jp/column/023/

HAABでは保湿も含め、肌ケアの商品・施術を豊富に取り扱っております。

乾燥だけでなく、
お肌についてお悩みの方はサロンスタッフまでお尋ねください♪

 

 


ダイエット・痩身のご相談は、HAABビューティー南青山クリニックへ
http://clinic.haab.co.jp/
東京都港区南青山2-22-19 三和青山ビル11F
東京メトロ銀座線”外苑前駅” 徒歩3分
TEL 03-6447-4120

診療時間
月 15:00~19:00(外来受付)
金 11:00~21:00(最終受付20:00)
土 11:00~20:00(最終受付19:00)
日 11:00~20:00(最終受付19:00)

Recommended Entry