南青山HAABビューティークリニック/渋谷・南青山 -レディースクリニック- 美容皮膚科-

MENUCLOSE
予約相談
WEB相談
SCROLL
コラム
肥満の解消はHAABにご相談を〜痩身・小顔施術ならHAABビューティー南青山クリニック〜

コラム

17.02.14Tue

肥満の解消はHAABにご相談を〜痩身・小顔施術ならHAABビューティー南青山クリニック〜

HAAB青山店のボディケアの目的は、 痩身や体型を整えるためのプロポーション作りや美肌作り、 疲労や精神的ストレスの解消のためのトリートメントにあります。 特に女性における肥満の解消は、体型作りや痩身にとって重要であるばかりでなく、 健康の維持にとっても極めて大切なテーマです。 【肥満とは・・・】 単に体重が多いだけで、すぐに肥満と判断することはできません。 肥満とは身体を構成する成分のうち、脂肪細胞の占める割合(体脂肪率)が、 正常値以上であることを指します。 身体の構成成分は水分が60%、骨格・筋肉20%、 脂肪20%が理想であるといわれています。 【肥満の定義】 身体の脂肪細胞の量が正常異常に増加、または誇大している状態。 【体脂肪の付き方】 ・皮下脂肪型 主に、身体の外側に脂肪が付くタイプです。 皮下脂肪が多くたまる部分として、ヒップ・太ももの付け根の後ろ、腰骨の上、 腹部(特にへそ周辺)、そして女性ならバスト・腕の付け根などに付きやすくなっています。 ・内臓脂肪型 腹部を中心につくタイプで、一般に「リンゴ型」と呼ばれ、男性に多く見られます。 この場合は腹部の外側だけではなく、 内臓器官(心臓や肝臓など)の周囲にも多く溜まってしまい、 心筋梗塞や高血圧などの成人病を引き起こしやすい危険な太り方です。 若い人には皮下脂肪が多く、中高年になってくると、内蔵脂肪型が増えてきます。 【脂肪について】 ・脂肪細胞 成人には約250~500億個の脂肪細胞があると考えられています。 大きさは80~120ミクロン、球状で伸縮自在です。 1個の細胞の中には、約1000分の75グラムの脂肪が貯蔵されます。 そして、その脂肪細胞は集団を成して、皮下組織を形成しています。 腸や胃から吸収された栄養は血液によって各組織(細胞)に送られ、 細胞を合成する材料として使われたり、エネルギー源になったりします。 しかし、栄養を採りすぎると、使い切れずに余ってしまう場合があります。 余った栄養は、血液によって運ばれて最終的に脂肪細胞の中に取り込まれていきます。 このようにして、脂肪細胞の大きさは約8倍にまで膨れあげることができます。 ・脂肪組織の役割 脂肪は多すぎてもよくありませんが、脂肪には次に挙げるように、 生命を維持する大切な役割があるので、最低限の量は必要です。 ①身体がエネルギーを必要としている時に、 エネルギー供給源として脂肪細胞内に貯蔵している脂肪を消費します。 ②体温を維持する目的の断熱材としての役割があります。 ③内臓を正常な位置に保つためのクッションとして働きます。 ダイエットをするにあたり「脂肪」は天敵のような存在ですが、 脂肪にも大切な役割があります。 ただ、ありすぎるというのは良いことではないので、 そういう時はHAABビューティー南青山クリニックへ! 長年かけ、付いてしまった脂肪を落とすのはとても大変です。 リバウンドしてしまっても悲しいですよね。 当クリニックには痩身注射の種類がいくつかあります。 リポジェクションという痩身注射は、 ドクターが長年の研究・臨床の蓄積で開発した治療法であり、 現実的に困難な食事 制限や有酸素運動を取り入れなくても 画期的に脂肪を減らすことができます。 一般の美容外科で行われているメソセラピーなどとは全く違う成分を使っており、 この成分を注射することで、体内の脂肪をスムーズに減少させ、 カンタンにダイエットができます。 脂肪細胞② 青山 注射が心配な方は私達スタッフとドクターによるカウンセリングから受けてみてくださいね♪    
ダイエット・痩身のご相談は、HAABビューティー南青山クリニックへ http://clinic.haab.co.jp/ 東京都港区南青山2-22-19 三和青山ビル11F 東京メトロ銀座線”外苑前駅” 徒歩3分 TEL 03-6447-4120 診療時間 月 15:00~19:00(外来受付) 金 11:00~21:00(最終受付20:00) 土 11:00~20:00(最終受付19:00) 日 11:00~20:00(最終受付19:00)

Recommended Entry